資料をAdobe XDで作り1分でクライアントと共有する方法

資料をAdobe XDで作り1分でクライアントと共有する方法

デザインカンプや簡単なモックアップを作るために使われる「Adobe XD」。

最近では提案資料もXDを使うディレクターの方も少なくないのではないでしょうか。

Adobe XDを日頃から使っている人なら知ってて当然の機能ですが、XDにはオンライン上にデータを公開してブラウザ上で簡単に共有することができます。

提案資料をPowerPointで作っている人はクライアントやチームと共有する時間と短縮にもつながるかもしれませんので、ぜひ試してみてください。

Adobe XDのデータをブラウザ上で共有する方法

「共有」タブをクリックします。

「タイトル」に任意のタイトルを入力します。表示設定を下記の一覧からそれぞれの利用シーンに合わせた選択をしてください。

・デザインレビュー
 → デザインまたはプロトタイプに関するフィードバックを得る
・開発
 → デザインまたはプロトタイプを開発者と共有する
・プレゼンテーション
 → デザインのプレゼンテーションに最適
・ユーザーテスト
 → プロトタイプのテストに最適
・カスタム
 → 視聴体験をカスタマイズできます

表示設定後、「リンクへのアクセス」でこのファイルにアクセスできる権限を設定します。

今回は、皆さまもよく使うであろう「パスワードを知っているユーザー」を選択して、閲覧制限をかけます。
その後、問題がなければ「リンクを作成」ボタンをクリック。

上の部分にリンクが生成されますので、このURLをクライアントやチームメンバーに送り共有すると良いでしょう。

URLにアクセスするとパスワードを聞かれますので、設定したパスワードを入力してアクセスすると・・・

無事、データがブラウザ上に表示されます。

以上、XDの共有設定でした。最近はXDで資料制作をする人が多くなっていると聞くので、僕も時代に取り残されないように地道に勉強してまいります。

板川

最近、毎日のようにXDを開いている気がする。

この記事を書いた人

keishiro

こんにちは、板川恵司朗です。