TrelloとGoogleカレンダーをリアルタイムで自動同期する「Cronofy」の設定方法

TrelloとGoogleカレンダーをリアルタイムで自動同期する「Cronofy」の設定方法

こんにちは。寝るときは部屋を真っ暗にしないと寝れない板川です。

あなたはタスク管理ツールは何を使っていますか?

記憶力が蟻以下な僕にとってタスク管理ツールは仕事で必要不可欠です。皆さんもタスク管理ツールをアプリではなくメモ帳や付箋やらで使っていたりするのではないでしょうか。

僕が現在使っているタスク管理ツールは「Trello」一択です。通常のタスク管理ツールはよく一覧で表示されますが、Trelloはリストが複数に分かれており、管理が視覚的にわかりやすい作りになっています。

そんな素晴らしいタスク管理ツール「Trello」ですが、実はGoogleカレンダーと自動同期することもできるので、今回はその方法をご紹介します。

想定する読者

・TrelloでGoogleカレンダーを同期したい人
・どのタスク管理ツールを使おうか悩んでいる人
・Cronofyを使って自動同期出来ない人

この記事を読むと…

TrelloとGoogleカレンダーを自動同期する方法がわかります

まず「Trello」とは

Fog Creek Softwareが2011年に開発したタスク管理を目的としたウェブアプリケーション。トヨタが供給チェーン管理に活用した「カンバン方式」のタスク管理を模範にしていて、掲示板にタスクが付箋で表示される形式だそうです。(Wikipedia参考)

貯まっているタスクや作業中、完了したものを各セクションごとに分けられ、視覚的に自分やチームのタスクを把握することできます。また有料版にすることでチーム間のタスク共有をスムーズにおこなえる機能を使えるようになり、プロジェクトの効率化も図れます。

呼び方は「トレロ」?と僕は読んでます。

ちなみにWebアプリケーションなのでWindows、Macどちらでも使え、iOS、Androidのアプリもあります。

TrelloとGoogleカレンダーを同期したいと思った理由

Trelloは素晴らしいタスク管理ツールですが、そんな素晴らしいタスク管理ツールで1つだけ不満がありました。

それは、時系列でのタスクが見づらいこと。

ボード上で各リストごとに期限順でソートできるのですが、ボード全体での期限を把握しにくかったのです。また、スケジュール管理はGoogleカレンダーでしているので、Googleカレンダー上でもタスクを見れたら最高だなと思っていました。

そう思いながら、解決できる方法を調べていたら、TrelloのPower-Up機能、要するにプラグインで「Cronofy」というものと出会いました。

Trelloでは有料版なら複数のPower-Up機能をつけることができるのですが、無料版の場合はPower-up機能を1つだけ。その1つを選ぶとしたらこの「Cronofy」を強く推薦します!

「Cronofy」を使うことで、僕が不満に思っていた時系列でのタスク管理がGoogleカレンダーで超絶見やすくなりますよ。

TrelloとGoogleカレンダー自動同期の設定方法

ボードを作成し、Power-Upから「Cronofy」をインストールします。
まずはボード左上の「ボードメニューを表示」をクリック。

次に、ボードメニューの「Power-Up」をクリック。

次に、Power-Up内の検索窓で「cronofy」を検索し、Cronofyの「追加」ボタンをクリック。

インストールが完了すると「ボードメニューを表示」の左側に「Cronofy」のボタンが表示されますのでクリック。

「Get Authorized」をクリックしてGoogleアカウントの認証をおこないます。TrelloをGoogleアカウントで使っている人は簡単に連携できます。

クリックするとGoogleアカウントとの認証画面に行きますので、ログインし連携を完了します。

同期が完了するとCronofyの設定画面が表示されます。ここに自分好みの設定をしていくのですが、注意してもらいたいのが、Cards to syncの項目です。馬鹿な僕は30分ぐらいここでハマりました。

Assigned to me」=「自分に割り振られたタスクだけ同期
All」=「すべて同期

「Assigned to me」はメンバーに自分が入っているタスクしか同期されません。一人で管理している人はいちいちタスクのメンバーに自分を登録するのは面倒ですよね。なので迷わず「All」しておきましょう。

設定が完了したらタスクを追加して期限を設定してあげれば設定した時間の間隔でGoogleカレンダーと同期されます。

同期する際の注意

2つ以上のボードを同期させる場合

2つ以上のボードにCronofyをインストールする場合は有料登録する必要があります。Trelloの有料費用とは別に年間2,300円程度です。

Card to syncの設定を忘れずに

先述しましたが、何度も言いますが、これでもかってぐらい言いますが、Card to syncの Assigned to meかAllの設定を忘れずに。

以上
TrelloとGoogleカレンダーを自動同期させる方法のご紹介でした。
気になる方はぜひ試されてください!

板川

どのタスク管理を使ってもしっくり来なかったけれど、Trelloは良い。

ではでは。

この記事を書いた人

keishiro

こんにちは、板川恵司朗です。