汎用性が高い!.htaccessでhttpsかつwwwに統一する方法。

汎用性が高い!.htaccessでhttpsかつwwwに統一する方法。

SSL接続でなおかつwww.にする方法をご紹介します。
SSL接続はhttpをhttpsにして接続します。www.はseeder.siteの場合、www.seeder.siteにする形ですね。

最近はwwwなしでしている人も多いですが、wwwが昔のなごりっぽくて好きです。
あと、wwwにしてたほうがドメインを社内システムで使う際に影響範囲が限定されるのでいいかもしれません。

さて、本題のSSL接続かつwwwにする方法ですが、下記のコードを使います。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule .* https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]
RewriteCond %{HTTP_HOST} !^www\. [NC]
RewriteRule .* https://www.%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]

解説

RewriteEngine On

1行目でリダイレクト処理をオンにしています。

RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule .* https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]

2行目は「httpsがオフの場合」といった条件文。
3行目はhttpsを追記しています。

RewriteCond %{HTTP_HOST} !^www\. [NC]
RewriteRule .* https://www.%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [L,R=301]

4行目は、また条件文でwwwを含んでいない場合。
5行目はwwwを追記してします。

このコードを使えば簡単にwwwありのssl接続ができますね。

参考記事

この記事を書いた人

keishiro

こんにちは、板川恵司朗です。